信用情報の気になるポイント

信用(事故)情報とは?

事故情報(ブラックリスト)と言った方がイメージが湧かれるかもしれません。

事故情報(ブラックリスト)とは、信用情報の中に登録されている情報の内、悪い情報を指します。
「悪い情報」とは、その情報が登録されていると、住宅ローンやクレジットローンが組めなくなる可能性が高くなる情報のことで、具体的には、延滞した、債務整理した、破産したなどの情報を指します。

ところが、信用情報の読み解きは難しく、士業の中でも内容を説明できる方ははなかなかいません。

パートナーズ大阪法務事務所では、時効の援用手続きとともに、信用情報を読み解くための経験と研究を積み重ね、どのような情報のときにどのような結果になるかということまでも概ね判断することができます。
 

信用(事故)情報とは?

事故情報(ブラックリスト)と言った方がイメージが湧かれるかもしれません。

事故情報(ブラックリスト)とは、信用情報の中に登録されている情報の内、悪い情報を指します。
「悪い情報」とは、その情報が登録されていると、住宅ローンやクレジットローンが組めなくなる可能性が高くなる情報のことで、具体的には、延滞した、債務整理した、破産したなどの情報を指します。

ところが、信用情報の読み解きは難しく、士業の中でも内容を説明できる方ははなかなかいません。

パートナーズ大阪法務事務所では、時効の援用手続きとともに、信用情報を読み解くための経験と研究を積み重ね、どのような情報のときにどのような結果になるかということまでも概ね判断することができます。
 
信用情報は、あなたの借入の履歴書。住宅ローンや学資ローンへの影響とは。
 
住宅ローンの直前ではなく家選びを始める時に必ずチェックする必要がある理由。
 
延滞、債務整理、破産をしたことがなければ安心・・・とは言えない裏事情!
 
信用情報は自分で開示できる?!開示請求の方法と信用情報の読み方。
 

当事務所に依頼するメリット

面倒な手続きはすべておまかせ

開示申告書など、必要な書類はすべて行政書士が作成代行しますので、面倒な作業はすべておまかせ。お客様は届いた申請書をポストに投函するだけです。

信用情報の内容を詳しく解説

業務歴10年以上の豊富な経験と知識にもとづき、信用情報の問題となる部分や問題解消の方法についてなど、一般の方が見てもわからない情報を丁寧にご説明致します。

誤登録があった場合に訂正できる

まさかとは思うでしょうが、誤登録されていることもあります。訂正の手続きの対応もしておりますので安心してお任せいただけます。

手続き費用

信用情報機1機関あたり 6,700円(税込・実費込)
⑴通常料金
情報機関名 報酬(税込) 定額小為替(実費) 合計(税込・実費込)
JICC 5,500円 1,200円 6,700円
CIC 5,500円 1,200円 6,700円
KSC 5,500円 1,200円 6,700円
JICC+CIC 11,000円 2,400円 13,400円
JICC+CIC+KSC 16,500円 3,600円 20,100円

⑵(相続人様からご依頼頂くケース)亡くなられた方の債務調査パック
情報機関名 報酬(税込) 定額小為替(実費) 合計(税込・実費込)
JICC+CIC+KSC 49,500円 3,600円 53,100円
※名字がご結婚で変わっているなど、2つの名字(名前)で開示する場合、CICのみ+1,200円必要となります。
(JICC・KSCは複数の名前の開示でも追加料金はかかりません)
※戸籍抄本や、旧住所調査の為の戸籍附票などを当所が取り寄せる場合は、情報機関数に関係なく+4,400円必要となります。
※当事務所では、この住宅ローンの為の信用情報取得代行手続と、開示された信用情報の内容説明を専門業務として取り扱っています。

手続き費用

信用情報機1機関あたり 
6,700円
(税込・実費込)
⑴通常料金
情報機関名 報酬(税込) 定額小為替(実費) 合計(税込・実費込)
JICC 5,500円 1,200円 6,700円
CIC 5,500円 1,200円 6,700円
KSC 5,500円 1,200円 6,700円
JICC+CIC 11,000円 2,400円 13,400円
JICC+CIC+KSC 16,500円 3,600円 20,100円

⑵(相続人様からご依頼頂くケース)
亡くなられた方の債務調査パック
情報機関名 報酬(税込) 定額小為替(実費) 合計(税込・実費込)
JICC+CIC+KSC 49,500円 3,600円 53,100円
※名字がご結婚で変わっているなど、2つの名字(名前)で開示する場合、CICのみ+1,200円必要となります。
(JICC・KSCは複数の名前の開示でも追加料金はかかりません)
※戸籍抄本や、旧住所調査の為の戸籍附票などを当所が取り寄せる場合は、情報機関数に関係なく+4,400円必要となります。
※当事務所では、この住宅ローンの為の信用情報取得代行手続と、開示された信用情報の内容説明を専門業務として取り扱っています。

お⼿続きの流れ

メール、またはお電話、面談での無料相談

お客様のご状況や、ご希望などをお伺いし、信用情報開示手続や事故情報(ブラックリスト)の概要についてご説明致します。

ご契約⼿続き

状況等を確認させていただいた上で、信用情報開示調査手続にかかる期間目安と、必要な費用全額をご説明致します。
成功報酬等、後で追加となるような報酬.費用は一切ありませんのでご安心下さいませ。

相談者様が、その内容でよろしければ契約手続きをさせて頂きます。

信用情報開示申請書作成発送

信用情報開示に必要な情報・書類を収集し、開示申請書を作成し、JICC等の信用情報機関宛の封筒に入れた状態にして、お客様に郵送します。 

お客様から、信用情報機関へ開示申請書郵送

当所から郵送されたJICC等の信用情報機関宛の封筒には、既に切手も貼付されていますので、そのまま郵便ポストにいれるだけ。お客様にして頂くことはこれだけです。

お客様へ信用情報機関から開示報告書がとどきます!

郵便ポストへの投函から1週間程度で、お客様のご自宅に信用情報が届きます。内容をご確認頂き、当所にお問い合わせ頂きましたら、詳しくお客様の信用状態をご説明します。

スムーズに進むと2週間程度という短期間で業務終了することができ、お客様にご負担の少ないスピーディな手続です

解決事例

9年前のソフトバンク2件・ドコモ2件の延滞、4件合計33,000円の費用のみで消滅時効成立
消滅時効援用
信用情報調査
9年前のソフトバンク2件・ドコモ2件の延滞、4件合計33,000円の費用のみで消滅時効成立
2022/8/29
6社の消滅時効手続きを費用合計100,000円のみで解決、信用情報開示代行も2,400円で対応
消滅時効援用
信用情報調査
6社の消滅時効手続きを費用合計100,000円のみで解決、信用情報開示代行も2,400円で対応
2022/8/17
住宅ローン審査落ち後、延滞債務を消滅時効手続きで抹消し、半年後にJAで住宅ローンが通ったという事例
消滅時効援用
信用情報調査
住宅ローン審査落ち後、延滞債務を消滅時効手続きで抹消し、半年後にJAで住宅ローンが通ったという事例
2022/5/27