ニッテレ債権回収からの10年前のDCMXクレジット請求、3債権まとめて消滅時効で抹消成功
ニッテレ債権回収からの10年前のDCMXクレジット請求、3債権まとめて消滅時効で抹消成功
2020/9/3
ジャンル 消滅時効援用
ご相談内容
ニッテレ債権回収から、10年前のDCMXクレジット滞納料金として、3通の督促状が来たということで当所にご相談頂いた事例
解決方法、内容
まずニッテレ債権回収から届いている3通の督促状を確認させて頂くと、ショッピングの一括払いやリボの債権が分かれて請求されており、総額約170万円程度であることがわかりました。

NTTドコモのDCMXはクレジット債権ですので、消滅時効の条件はホームページ記載のとおり、
①5年以上、DCMX側に支払いしていない
②5年以上、DCMX側と返済の約束をしていない
③DCMX側から、裁判もされてない
の3条件全てを満たしていれば時効に出来ます。

お客様からの聞き取りから①②の条件が満たされていることは確認出来ましたが、住民票を別のところに置いたまま他の住所に去年まで住んでられたそうで、③の裁判に関しては分からないということでした。
そこでニッテレ債権回収からの督促状を拝見したところ、裁判をしたという記録が無かったため、3債権いずれも裁判はされていない可能性は高いと判断しました。
※ただ100%されていないという保証までは出来ません。

上記の内容をご説明の上、契約を締結。
契約完了後、すぐにニッテレ債権回収へ3債権の消滅時効の内容証明を発送致しました。

すると1週間程度で、ご本人様のご住所にニッテレ債権回収からの消滅時効の受理通知が届きました。
ニッテレ債権回収の場合、この【消滅時効の受理通知】イコール【消滅時効成立】ですので、3債務全て時効で消滅したことをお客様にお伝えしました。

※クレジットの場合、1枚のカードで【キャッシング】【ショッピングリボ】【ショッピング一括】と、3債権に分かれて請求してくるケースは多いですが、時効手続きに関して影響はありません。

※ニッテレ債権回収は通知書の記載内容で裁判の有無が分かるケースが多いです。以前に裁判されているかどうかが不明なケースでも一度、我々行政書士などの専門家にご相談下さいませ。裁判の有無も分かるかもしれません。
参考費用
25,000円(税別)のみ

※1社で3債権あったとしても内容証明は1通で済みますので、当所では1社分で25,000円(税別)のみで対応出来ます。債権額によっても報酬が増えることも一切ありません。ご安心くださいませ。
お客様の情報
神奈川県/男性