引田法律事務所からの請求、消滅時効援用で解決
引田法律事務所からの請求、消滅時効援用で解決
2019/10/1
ジャンル 消滅時効援用
ご相談内容
引田法律事務所から、過去武富士から借りていた借金の請求、約300万円が来たということでご相談頂いた事例
なお、武富士はすでに倒産しており、現在はほとんどの借金を「株式会社日本保証」という会社が引き継いでいます。
解決方法、内容
お客様から時効の3条件、
①5年以上武富士側に払ってない②5年以上武富士側と話してない③10年以内に武富士側から裁判されてない
を聞き取り、条件を満たしてらっしゃる可能性が高いと判断。
お客様のご記憶違いで裁判を起こされていたりすると時効不成立の可能性もあることは説明の上、契約。
直ちに引田法律事務所へ消滅時効援用の内容証明郵便を発送しました。

その後3週間経過しても何も引田法律事務所から時効不成立を告げる書面が届かないということで時効が成功した可能性が高いことを説明。
最終的に信用情報(JICC)を開示したところ、前回開示した際に登録されていた株式会社日本保証の情報が抹消されていることが確認でき、借金も信用情報もキレイに消えました。

基本的に引田法律事務所は時効が成立しても何も書面を送ってくれませんが、最後に信用情報(JICC)を開示することで時効消滅できたかは確認が可能です。
参考費用
1社25,000円(税別)のみ

※なお、このお客様はオリンポス債権回収もご依頼頂きましたので合計2社で50,000円(税別)でした。
お客様の情報
宮崎県/男性