事故情報を消滅時効手続で抹消し、すぐに100万円枠の楽天カードの審査を通すことに成功
事故情報を消滅時効手続で抹消し、すぐに100万円枠の楽天カードの審査を通すことに成功
2019/5/15
ジャンル 消滅時効援用 / 信用情報調査
ご相談内容
まったくクレジットカードが作れないことを不思議に思い、信用情報を(JICCとCIC)を開示したところ、JICCに新生パーソナルローン(以前のシンキ)で12年前から延滞して放置になっている借金の存在が判明。
依頼者様も、請求などが全然来ていなかった為気付かなかったらしく、当所に相談を頂いた事例。
解決方法、内容
今回載っている事故情報であれば消滅時効手続きが成功すればすぐに事故情報が消えることと、消滅時効の3条件を説明し、契約。

契約後すぐに消滅時効援用書面を、新生パーソナルローンに内容証明郵便で送達しました。
新生パーソナルローンからはその後何も届かなかった為、1か月後、再度信用情報を取ってみると、JICCに掲載されていた新生パーソナルローンの情報が全て抹消されていました。

その後すぐ、依頼者様が楽天カードを申し込まれたところ、キャッシング枠50万円、ショッピング枠50万円、合計100万円枠の審査がとおり、念願のクレジットカードを手にされました。
今後お子様の学資ローンなども必要だったので、事故情報がきえてよかったと喜んで頂けました。

全てではありませんが、延滞の事故情報は消滅時効手続きにより、すぐに抹消できるケースがあります。
そして当所は、どのような事故情報なら消滅時効手続きですぐに抹消できるのか?どのような情報なら5年間待たなければ消えないのかも知っています。

身に覚えがないのにローンが通らない場合など、一度当所にご相談頂き、信用情報を開示すれば解決できるかもしれません。お気軽にご相談くださいませ。
参考費用
25,000円(税別)のみ
お客様の情報
大阪府/男性